Bookの最近のブログ記事

crimson.jpg
密室脱出ゲームとして有名な「クリムゾン・ルーム」ですが、
同名の小説が4月に出版されるとのこと。
校正前のパイロット版を読ませて頂きました。
主人公は著者自身であり、設定も現実をベースとしている。
虚実が入り混じっているので、どこまで本当?という感じがおもしろい。
高木さんを全く知らない人や、デジタルコンテンツの制作に疎い人にとっては、前半少々入り込みづらいかもしれないが、後半面白い展開になってくる。

500 3D‐OBJECTS

| コメント(0) | トラックバック(0)

500 3D‐OBJECTS
3DS形式のロイヤリティーフリーオブジェクトが500個入って、\1,890。
中身は、飛行機、船、車、戦車、バイク、電車、トラックなどの乗り物が多いかな。あとは動物38種と、色んなジャンルの小物類。
いつ使うかわからないけど、安いので買っておいて損はないと思う。

Shockwave3D本

| コメント(0) | トラックバック(1)

Macromedia Director 8.5 Shockwave Studio for 3D: Training from the Source
マクロメディア公認出版の本。
基本から一通り網羅されてます。
ベクトル計算について若干詳しいのと、VRAM消費量計算について言及してるのが特徴かな。
例によって海外から取り寄せたほうが安い。

Flash & Director: Designing Multiuser Web Sites StudioLab
FlashでのXML Socket通信と、DirectorでのMultiuserServerについて解説している貴重な本。

国内で売ってなかったので、amazon.comのマーケットプレイスで注文したら三日で届いた。恐ろしく速い。
しかも在庫処分のせいか$3.25という安さ。送料($9.79)入れても$13.4でお買い得。
僕が買った業者の在庫はなくなったみたいだけど、海外発送してる所はまだあるよ。
...と言っても欲しい人いないか。

サンプルファイルはこちらからダウンロード可能。
http://www.friendsofed.com/books/1903450446/code.html

Shockwave3D本

| コメント(0) | トラックバック(0)

Director's Third Dimension: Fundamentals of 3d Programming in Director 8.5
915ページという分厚さはダテじゃない。
幅広く詳しく解説されていて良いです。
洋書だというのが唯一の難点。

ローポリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ローポリモデリング―3DゲームのためのCG制作入門
表紙はちょっと...って感じですが、Lightwaveでローポリゴンモデリングをする際のノウハウが詰まった良い本です。
今まですごく効率の悪いモデリングをしていた事に気付いてしまった。