Unityにアドフリくんを組み込んでXCodeでビルドする

| コメント(0) | トラックバック(0)
追記: SDK ver.2.10からこの作業は不要になりました。

MovieRewardを実装した際のメモ。

XCode側でSDKを手動設定するのは面倒なので
下記を参考にさせて頂いた。

注意点:
アドフリくんから提供されるzip内の各社frameworkのうち、
下記2つはフォルダが1階層深くなってる。
 Tapjoy.embeddedframework
 VungleSDK.embeddedframework
上記のフォルダを取り除いてAssets/Plugins/iOS直下に入れること。
そうしないと、'Tapjoy/Tapjoy.h' file not found などのエラーが出る。

上記やっても、ADFmyMovieReward.h file not found が出たので
下記のやり方に変更した。

・各社のフォルダはそのままの構成で/Assets/Plugins/iOSに入れる。
 /Assets/Plugins/iOS/AdColony_3.1.1
 /Assets/Plugins/iOS/applovin-ios-sdk-3.4.3
 /Assets/Plugins/iOS/Maio_1.2.8
 /Assets/Plugins/iOS/SmaAD_1.1.3
 /Assets/Plugins/iOS/Tapjoy_11.9.1
 /Assets/Plugins/iOS/unityAds_2.0.4
 /Assets/Plugins/iOS/Vungle_4.1.0

・上記フォルダ内にある「〜.framework」フォルダのみを/Assets直下に移動する。
 /Assets/AdColony.framework
 /Assets/Maio.framework
 /Assets/Tapjoy.framework
 /Assets/UnityAds.framework
 /Assets/VungleSDK.framework

・アドフリくんの.frameworkフォルダも/Assets直下におく。
 /Assets/ADFMovieReward.framework

・ /Assets/Editor/AdfurikunMovieRewardPostProcess.cs の176行目あたりに下記を追記。
proj.AddBuildProperty(target, "FRAMEWORK_SEARCH_PATHS", "$(SRCROOT)/Frameworks");
proj.AddBuildProperty(target, "HEADER_SEARCH_PATHS", "$(SRCROOT)/Libraries/Plugins/iOS");

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kyucon.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/431

コメントする

アーカイブ