Flash Lite メモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Flash Liteよ、早く2.0になってくれ。

■add
ストリングを連結

■call("LabelName")
指定のフレームラベルにあるフレームスクリプトを実行。function代わりに使えるが、戻り値はないのでグローバルな変数に入れておいて参照。

■eval("String")
変数名を文字列で指定すると、その変数の値が返ってくる。式の左辺では使えない。
eval("String" add i)として配列の代わりに使える。

■eqとne
文字列用の比較演算子。文字列比較の時は、==や!=は使わない。

■tellTarget("MC"){}
特定のムービークリップに指示を出す。
パスの指定は、/がルート。../が自分の一つ上の階層。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kyucon.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/224

コメントする

アーカイブ