Flash Liteメモその4

| コメント(0) | トラックバック(0)

デバイスフォントを指定するとiモード端末内のフォントを利用可能。
ただしフラッシュ側のサイズ指定は無視され、1行に10文字以上表示できる端末内フォントのうち最大サイズのフォントが使われる。
ほとんどの機種ではフォントサイズ24dotなのでフラッシュ側でも同じ設定にして作業するとわかりやすい。

携帯の画面とムービーのサイズが異なる場合、ムービーの縦横比を維持して拡大縮小される。
240x240で作成するとほとんどの機種で拡大縮小されずに済む。

例外:F900i 表示領域 W230xH240、デバイスフォント20dot

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kyucon.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/131

コメントする

アーカイブ